土日も動いてるサンデーダウ?FXも動いている??
Tomo
株とFXの取引出来る時間帯は、

株は東京証券取引所の開いている時間(PTSなど一部除く)、

FXは土日を除いた24時間、

となっているのはご存じかと思いますが、実は土日にも取引がされています。

①今回は土日の取引の正体とは?

②土日の取引が与える週明けの影響とは?

③週明け朝から取引するのに適している会社は?

今回は上記①~③についてご紹介していきます。

1.FXや株は土日にも取引されている?

結論から言うと、株やFXは土日にも取引されています。

株は取引できる時間帯が9:00~15:00まで(11:30~12:30除く)と決まっていて、24時間取引できるFXもFX会社が休みの土日になぜ取引できるかというと、中東での取引があるからです。

中東ではイスラム教の安息日(金曜休み)などの関係で、土日でもマーケットが開いています。

ですが、中東だけですと取引量がさほど多くはないので、普段はあまり気にする必要はありません。

ただ、NY市場クローズ後に大きなインパクトのあるニュースがあった場合など、大きく値が動くような場合は要注意です。

月曜から窓を開けてスタートする可能性が高くなります。

因みに土日に動くダウのことを「サンデーダウ」もしくは「ウィークエンドダウ」と言ったりします。

では、土日の値動きはどこで確認すれば良いのでしょうか?

この後2章よりご紹介していきます。

まとめ

・株やFXは中東地域においては土日に取引が出来る。

・NY市場クローズ後に大きなニュースがあった場合は、土日の値動きに注意

2.土日の値動きを確認するには?

1章でお話した通り、金曜のNY市場クローズ後に大きなニュースがあった場合は土日に大きく株や為替レートが動きます。

ただ、それを確認できるFX/証券会社が少なく私が確認できた限りでは以下2つがありました。

① IG証券(株価指数の確認)

厳密にはCFDの取引価格となりますが、IG証券の以下URLより確認が可能です。

※リンクはサンデーダウのチャートです。

「Weekend Wall Street」


取引に慣れている方はすぐ見方が分かるかと思いますが、

左が売り、右が買い、間の小さい文字がスプレッドです。

冒頭にも記載した通り、CFDなので単位がドルではなくポイントとなります。

※CFD:取引開始時点から取引終了時点に発生した差額分を決済する差金決済取引。

実際に資産を保有するわけではないですが、原資産(ダウや日系225など)に連動しています。

② Xe.com(為替レートの確認)

土日の為替レートについては、Xe.comで確認することができます。

この会社の詳しいことは私も分かりませんが、外国間での送金事業を行っているようです。

以下リンクはドル円のチャートとなります。

「Xe.com ドル円チャート」

チャート下段の通貨を選択すれば、ドル円以外の通貨ペアも確認することが可能です。

まとめ

土日の為替と株(株価指数)を確認するには、

①為替→IG証券

②株(株価指数)→Xe.com

3.土日に大きく動いた場合の注意点

土日に大きく動いた場合、週明け月曜の朝の動きが気になるかと思います。

ただ、FXと株はそれぞれ持っている口座の会社によって取引時間が違うので要注意です。

以下にFXと株(PTS)のFX/証券会社ごとの取引時間を纏めました。

① FX会社の取引時間の違い

24時間取引ができるFXですが、実は会社によって取引できる時間帯が違います。

よくあるのは取引量の少ないオセアニア時間に、ツールメンテナンスが入り取引開始時間が7:00や8:00になるケースです。

すべての会社ではないですが、主要なFX会社の取引開始時間を以下にまとめました。

※上記開始時間は冬時間となりますので、夏時間は開始時間が異なる場合はがります。

大体どの会社も7:00から取引できるのですが、注目すべきは下段の外資2社です。

IG証券は6:00~、サクソバンク証券はなんと3:00~取引可能です。

もちろん早起きする必要がありますが、この2社は約定力にも定評がありますので普段の窓埋めトレードにも有効です。

② 証券会社とPTSごとの株取引時間帯の違い

株の取引時間は東京証券取引所の空いてる 9:00~となりますので、それより前に取引するにはPTSを利用する必要があります。

現在PTSサービスを提供している会社は

①SBIジャパンネクスト証券

②チャイエックスジャパン


の2社となります。

証券会社によって取り次いでいるPTSも違いますので、そこも含めて以下に纏めました。

チャイエックス・ジャパンは参入がSBIジャパンネクストより後ということもあり、現在楽天証券のみの取次ですが、開始時間は20分早いです。

余談ですが2020年4月よりマネックス証券もジャパンネクストPTSへの取次を始めるとのことです。

※PTSは通常の取引と違い、取引銘柄が制限されていますので事前に手持ちの銘柄と取引可能な銘柄を確認することをおススメします。

まとめ

FXと株それぞれ会社によって取引できる時間帯が違う

・FX→最短3:00~、7:00~取引可能なFX会社が大半

・株(PTS):最短8:20~、8:00~取引可能な証券会社が大半

4.まとめ

土日に為替や株が動く要因と、値動きの確認方法、

そして、値が大きく動いた場合の月曜の注意点をご紹介してきました。

トレードスタイルにもよるかと思いますが、やはり週末にはなるべくポジションをスクエア(決済してポジションを持たない)にしておくことでリスクヘッジできるかと思います。

私も一部スワップ投資をしており、この場合はポジションを持ちづづけるので日々の資金管理が有事の際には特に利いてくるのかなと思います。

この記事を書いているのが3/1(日)なので、次の日の月曜朝が恐怖で仕方ありません。

なので、明日は早起きします笑

早起きしたその後について気になる方は、コチラ↓の面白記事をそうぞ笑 (3/6追記)

こちらはサンデーダウ/ウィークエンドダウの続きの記事となります↓

ほったらかし/お手軽投資のおススメ記事↓

最後にコチラ↓のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 為替ブログ FX 副業投資家へ
おすすめの記事