オージーキウイの手動トラリピ設定とおススメ理由
Tomo
以前から人気のあった豪ドル/NZドルですが、

本家トラリピで扱われることになり、

オージーキウイと呼ばれ、こちらの呼び方が一般的になりました。

そんなオージーキウイの設定と実績、

おススメ理由をご紹介します。

1.オージーキウイのおススメ手動トラリピ設定

この記事を見られている方の多くは、オージーキウイの手動トラリピを検討されているかと思いますので、

いきなり設定方法のお話から入ります。

それでは早速どうぞ!

① オージーキウイ手動トラリピおススメ設定

私は少し違う設定で運用していますが(詳細後述)、一般的に設定されている方が多い例をご紹介します。

必要資金は30万円としていますが、トラップ数/幅やトラップあたりの注文通貨数を変更することで、

必要資金を減らしたり増やしたりできます。

※利確幅は人によっては200pipsなど大きく差があるようです。

オージーキウイおススメ設定

①必要資金:30万円

②カバー範囲
 1.000~1.150の1,500pipsの範囲

③トラップ数/トラップ値幅
 ロング :43本/20pips
 ショート:43本/20pips
 ※両建て:10本/20pips
 ※利確幅はトラップ幅と同様

④注文当たりの通貨数/利益
 1,000通貨/140円

ちなみに上記のカバー範囲をチャートで表すとこんな感じ↓です。

1.000~1.086はロング1.064~1.150はショート

真ん中の重複している部分が両建てゾーンとなります。

2014年以降この1.000~1.150のレンジを1度も外れていないので、

ここまでカバーできていればまず問題ないでしょう。(もちろん投資に絶対はないですが)

ちなみに冒頭でもちょこっと触れた通り私はナローレンジverで運用しています。

② オージーキウイ ナローレンジver設定

個人的には直近で動いている狭いレンジで効率良く利益を上げたいという想いがあるので、

下記の通り狭いレンジで運用しています。

ナローレンジ設定

①必要資金:60万円

②カバー範囲:
 1.05438~1.10438の500pipsの範囲

③トラップ数/トラップ値幅
 ロング :50本/10pips
 ショート:50本/10pips
 ※両建て:50本/50pips
 ※利確幅はトラップ幅と同様

④注文当たりの通貨数/利益
 2,000通貨/140円

全て両建てなのでシンプルですがこんな感じです↓

まだまだオージーキウイの運用資金が少ないので、当初は資金効率優先でハーフ&ハーフで運用予定でしたが、

なぜか気づいたら両建てしていたのでそのまま両建てすることにしました笑。

ただコロナショック以降このレンジを外れていないので、短期的には有効な手法かと思います。

決済益&毎月の資金追加で運用資金が増えてきたらもっとカバー範囲を広げる予定です。

直近の実績は以下の記事でもご紹介していますが、10月は33,608円の利益/利益率6.6%という成績でした。

(10月の運用資金は30万円)

※明確なトレンドが出来たらトレンドに乗って片方のポジションしか持たない時もあるので、多少の裁量も入ってますが。。

2.オージーキウイが手動トラリピでおススメな理由

オージーキウイは手動トラリピにおいて非常に魅力的な通貨ペアです。

オージーキウイに限らず手動トラリピでの通貨ペアの選び方は、

この記事↓でも紹介しているので興味ありましたらぜひ~♪

では本題に戻ってオージーキウイおススメの理由はこちら↓

オージーキウイおススメ理由

①長期的にレンジ相場を形成している(高値~安値の幅が狭い)
②ある程度ボラティリティ(値動き)がある
③ロスカットされにくい

それでは、①~③のオージーキウイが手動トラリピでおススメな理由を見てみましょう。

① 長期的にレンジ相場を形成している(高値~安値の幅が狭い)

これは手動トラリピで通貨ペアを選ぶ際には絶対必要な条件となります。

これは2014年以降の月足チャートですが、ずっと1.000~1.150の間で推移しており長期的なレンジ相場となっています。

他の通貨と比較してもやはり高低差が少ないです。

他の通貨との比較はマネースクエアさんのグラフが分かりやすいので、

引用させて頂こうと思います。

参考:マネースクエア

※マネースクエアさん取り扱いの14通貨ペアでの比較

このように他の通貨と比較しても、長期的に高低差の少ないレンジ相場を形成していることがわかります。

ちなみに高低差が大きいと何がデメリットかと言うと、

トラップを仕掛ける数が増えるので、その分必要資金が多くなってしまいます。

資金が少ない場合はトラップあたりの通貨数を少なくする必要があるので、

どちらにしろ資金効率が悪くなってしまいますね。

② ある程度ボラティリティ(値動き)がある

これも手動トラリピでは重要な要素です。

手動トラリピは決済益を収益とするので(場合によってはスワップもありますが)、

あまりにもボラティリティが低いと、なかなか決済されないので利益率が悪くなってしまいます。

これも通貨ごとの比較はマネースクエアさんのグラフが見やすいので引用します。

参考:マネースクエア

※マネースクエアさん取り扱いの14通貨ペアでの比較

どの通貨ペアと比較してもほぼ2倍程度のボラティリティがありますね。

このようにオージーキウイは頻繁に上下に為替レートが動くので、

決済回数が多くなる = 決済益が大きくなります。

③ ロスカットされにくい

これは手動トラリピでなくても重要な要素となりますね。

私は3月のコロナショックで1,000万円級のロスカットを経験しているので、

個人的にも非常に重要な要素となります。

ロスカットの詳細を知りたい方はこちらをどうぞ笑↓

それでは話を戻してまたまたマネースクエアさんのグラフですが比較してみます。

参考:マネースクエア

※マネースクエアさん取り扱いの14通貨ペアでの比較

直近4回の暴落時の変動率ですが、オージーキウイが圧倒的に安定しています。

これも同じオセアニア通貨同士で相関関係が強いことによるメリットですね。

④ おすすめ理由のまとめ

①~②の通り為替レートの上下幅(高低差)が低く、その間で頻繁に上下に動いてくれるので、

必要資金を抑えながら積極的に決済益も狙えます

そして暴落時は③の通り変動率が最も少ないので(比較対象の14通貨ペアの中では)、

ロスカットの危険性が低く守りも完璧です。(絶対にロスカットされないわけではありません)

またマネースクエアさんのグラフを引用してしまいますが、こんな↓イメージですね。

参考:マネースクエア

3.オージーキウイにおススメの口座

オージーキウイーを手動トラリピ運用するにあたってのおススメ口座は、

ずはり「みんなのFX」「LIGHTFX」です。

ロングのプラススワップとショートのマイナススワップの差が小さく、

11月現在だと1万通貨あたり1円しかプラスマイナススワップの差がありません↓

※画像はLIGHT FXのスワップカレンダーですが、みんなのFXも同様です。

参考:LIGHT FX

スプレッドも関しては2.9pipsと優秀なのですが、スプレッドで比較すると、

「JFX」「LIONFX」が1.9pipsと最狭です。

個人的には手動トラリピはポジションの保有期間が長いので、

マイナススワップの少ない「みんなのFX」「LIGHTFX」がおススメで、

私も両方の口座で手動トラリピを実践しています。

※スペックはほぼ同じですが資金管理の都合で分けています。

「みんなのFX」「LIGHTFX」はこちらからも口座開設ができます↓

みんなのFX LIGHT FX

4.その他手動トラリピ関連おススメ記事

手動トラリピに通貨選びで困っている人へ↓

ロング、ショート、ハーフ&ハーフなど手動トラリピの運用手法整理に↓

特徴のあるFX口座をピックアップ↓

手動トラリピ運用ツールを探している人は↓

最後にTwitterにてFX相場状況や実績などツイートしていますので、

ぜひフォローして頂けるとうれいしいです!

おすすめの記事